初診専用フリーダイヤル : 0120-402-218

TEL.078-367-2789

DENTITION矯正が必要な歯並び

Tooth alignment that needs correction矯正が必要な歯並びとは?

お子様であれば、一般歯科での定期健診や学校検診で指摘を受けることがあるため、矯正治療の必要性を判断しやすいですが、大人の方やそのような機会のない方は、矯正治療が必要かどうかを判断するのが難しいかと思います。下記にて、矯正治療が必要になる歯並びや咬み合わせをご説明していますので、ご自身の歯並びと照らし合わせてご確認ください。

矯正治療は必要なの?

「歯並びを治したい!」と思われるきっかけのほとんどが、見た目の問題からかと思います。見た目が気にならないのであれば、矯正治療は必要ないのでは?と思われるかもしれませんが、矯正治療の目的は審美性の向上だけではありません。他にも、機能性の向上や改善が重要な目的となります。反対に、歯並びや咬み合わせの問題をそのままにしておくと、様々な問題が起こる可能性があるのです。詳しい内容については、歯並びが悪いと起こるリスクをご覧ください。

悪い歯並び(不正咬合)の種類似ている歯並びはありますか?

  • 叢生

    叢生(ガタガタの歯並び)

  • 上顎前突

    上顎前突(出っ歯)

  • 下顎前突

    下顎前突(受け口)

  • 偏位

    偏位(顎のずれ・歪み)

  • 開咬

    開咬(前歯が咬み合わない)

  • 八重歯

    八重歯(叢生)

  • 空隙歯列

    空隙歯列(すきっ歯)

  • 先天性欠損歯

    先天性欠損歯(歯が足りない)

  • 埋伏

    埋伏(歯が生えてこない)

  • 叢生(ガタガタの歯並び)
    叢生(ガタガタの歯並び)

    叢生(ガタガタの歯並び)

    デコボコ・ガタガタの歯並びで、歯と歯が重なりあっている状態です。見た目が悪いだけでなく、歯磨きなどのケアが難しいため、虫歯や歯肉炎、歯周病のリスクも高くなってしまいます。

  • 上顎前突(出っ歯)
    上顎前突(出っ歯)

    上顎前突(出っ歯)

    「出っ歯」と呼ばれる歯並びです。前歯が出ていることで、唇が閉じにくく、口元が出ている印象になります。また、お子様の場合、転倒による外傷に繋がる可能性が高くなります。検査資料から前歯が出ている量や骨格のずれなどを分析し、治療方針を検討していきます。

  • 下顎前突(受け口)
    下顎前突(受け口)

    下顎前突(受け口)

    「受け口」と呼ばれる歯並びです。下の歯を上の歯が覆う状態が正しい咬み合わせですが、下あごが前に出ていたり、下の歯が前に倒れていることで反対に咬み合わせている状態となります。顔貌の印象に影響がでるだけでなく、発音問題に繋がることも多くあります。

  • 偏位(顎のずれ・歪み)
    偏位(顎のずれ・歪み)

    偏位(顎のずれ・歪み)

    歯並び・咬み合わせが左右どちらかにズレてしまっていることを「偏位」といいます。下あごのずれや歯並びの歪みによって、上下の前歯の中心が合わない状態です。顎のずれによって偏位がある場合には、お顔も歪んで見えてしまいます。骨格性の問題が大きい場合には、外科手術を併用する外科矯正を行う場合があります。

  • 開咬(前歯が咬み合わない)
    開咬(前歯が咬み合わない)

    開咬(前歯が咬み合わない)

    奥歯でしっかりと咬み合わせても、上下の前歯が咬みあわない状態を「開咬」といいます。上下の前歯が咬み合わないため、前歯で食べ物を噛みちぎることができず、奥歯ばかりを使うことで、奥歯に大きな負担がかかってしまいます。また、上下の歯の隙間から舌が出てしまうことで、発音が不明瞭になりやすい咬み合わせです。

  • 八重歯(叢生)
    八重歯(叢生)

    八重歯(叢生)

    一般的に「八重歯」と呼ばれている歯並びは、叢生の一種でもあります。糸切り歯が正しい位置になく、まわりの歯よりも飛び出している状態です。八重歯が可愛いという印象を受けるのは日本だけで、国際的には悪い歯並びだと認識されています。

  • 空隙歯列(すきっ歯)
    空隙歯列(すきっ歯)

    空隙歯列(すきっ歯)

    歯と歯の間に隙間がある状態で、歯科では隙間のことを空隙といいます。すきっ歯の場合、見た目が悪いだけでなく、食べ物がつまりやすかったり、隙間が大きな場合には発音時に空気が抜けてしまい発音が不明瞭になることがあります。

  • 先天性欠損歯(歯が足りない)
    先天性欠損歯(歯が足りない)

    先天性欠損歯(歯が足りない)

    生まれつき歯が足りないことを「先天性欠損」といいます。レントゲンを撮って判断するため、普段の生活の中で、ご自身で気付かれることはほとんどないかと思います。一般歯科で指摘を受けたり、永久歯が生えてこないということがあれば一度ご相談ください。

  • 埋伏(歯が生えてこない)
    埋伏(歯が生えてこない)

    埋伏(歯が生えてこない)

    歯が歯茎や骨の中に埋まってしまって出てこられない状態をいいます。歯の一部が埋まっている状態を「半埋伏」、歯が完全に埋まっている状態を「完全埋伏」といいます。親知らずや糸切り歯が埋伏歯になることが多くあります。