初診専用フリーダイヤル : 0120-402-218

TEL.078-367-2789

MILK TEETH乳歯の矯正は必要?

Is it necessary to correct milk teeth?乳歯の矯正は必要?

「将来永久歯に生え変わるのに、乳歯の時期にも矯正治療は必要なの?」と疑問に思われていませんか?ここでは、なぜ乳歯の時期に治療が必要なのか、乳歯の時期から矯正治療を行うことでどのようなメリットがあるのかを説明していきます。

歯並びと悪習癖について

なんのために乳歯を治療するの?

歯並びが悪くなる原因の1つに、永久歯に生え変わる際のスペースの不足が挙げられます。生え変わりの時期に、スペースを確保する治療を行うことで、永久歯がスムーズに正しい位置に生えてくるようサポートします。また将来、骨格の問題(ずれや歪み)がでないよう、顎の成長をコントロールして正しい成長方向に導いていきます。骨格の成長時期は、年齢で判断することができないため、それぞれのお子様に合わせた時期に治療を開始します。

子どもの矯正のメリット

  • 顎の歪みを防ぐ

    1.顎の歪みを防ぐ

    永久歯に生え変わるまでの期間は、骨格が成長する時期です。また、成長途中の骨格は、歪んだり、影響を受けやすい時期でもあります。悪い咬み合わせなどにより、骨格に悪い影響が出ないように治療を行います。

  • 第二段階治療の負担を減らす

    2.第二段階治療の負担を減らす

    当院では、抜歯をして治療を行うかどうかの判断は第二段階治療(永久歯の矯正治療)で行っています。第一段階治療(乳歯の矯正治療)で、永久歯が正しく生えるためのスペースを確保する治療を行い、抜歯の必要性をなるべく減らすことで、第二段階治療にうつったときに治療負担を減らすことができます。

  • 虫歯予防

    3.虫歯予防

    歯並びを治療することで、自分の歯に興味をもったり、自己管理を行うきっかけとなります。また、定期的に来院していただき、歯磨き指導や管理を行うことで、予防や虫歯の早期発見に繋げることができます。

  • コンプレックスの解消

    4.コンプレックスの解消

    お子様がお友達に歯並びのことを指摘されることがあるかもしれません。そのようなことがあると、傷つき、コンプレックスを持ってしまいます。矯正治療でコンプレックスを解消して、心身ともに健やかに成長できるようお手伝いします。

こんな歯並びは早めに相談を

こんな歯並びは早めに相談を

乳歯の咬み合わせが受け口になっている場合には、早めに矯正治療の相談にお越しいただくことをおすすめしています。そのような咬み合わせの場合には、3~4歳から治療を行うことが可能です。受け口の治療は、骨格の成長をコントロールできる時期に治療を行う必要があります。成長期はそれぞれのお子様によって異なりますので、お口の中の状態や咬み合わせに合わせて治療計画をご提案いたします。