初診専用フリーダイヤル : 0120-402-218

TEL.078-367-2789

MTM部分矯正(MTM)

通常の矯正治療では、全体的に装置を付けて歯並び・咬み合わせを治療していきますが、部分矯正の場合は、問題がある部分にのみ矯正装置を付けて治療を行うことができます。「ここの隙間だけ」「ここのガタガタだけ」というように、一部の問題だけが気になっておられる方は一度ご相談ください。

部分矯正(MTM)の特徴と注意点

部分矯正の特徴

  • 1矯正装置が目立ちにくい
  • 2全体矯正に比べて治療期間が短い
  • 3全体矯正に比べて費用を抑えられる
  • 4装置の違和感が少ない

こんな歯並び、
部分矯正で対応できるかも!?

  • すきっ歯
  • 歯並びがガタガタ
  • 一部の咬み合わせが反対
  • 歯茎に埋まっている歯がある
  • 倒れている歯がある

部分矯正の注意点

・ 適用できないケースがある

歯並びや咬み合わせの状態によっては、全体矯正が必要で、部分矯正が適用できないことがあります。また、部分矯正では全体的な咬み合わせの改善を行うことができず、仕上がりが劣ってしまいます。対応できるケースかどうかは、ご相談ください。

部分矯正でできる治療

  • 隙間を閉じる治療

    隙間を閉じる治療

    部分的なすきっ歯の場合、その隙間を閉じる治療を行います。隙間がある部分の両側に矯正装置を装着し、ゴムなどで引っ張ることで隙間を閉じていきます。

  • 埋まっている歯を引っ張りだす治療

    埋まっている歯を引っ張りだす治療

    糸切り歯が歯茎に埋まっていて生えてこない「埋伏歯」の状態のときに、その歯を引っ張り出す治療を行います。

  • 部分的に歯を引っ張る治療

    部分的に歯を引っ張る治療

    虫歯などで歯が崩壊してしまい、歯茎から出ている部分が少ないと、被せ物ができないことがあります。そのような場合には、その歯を引っ張り出してくる治療を行います。

  • 倒れている歯を起こす治療

    倒れている歯を起こす治療

    歯を失った部分を放置すると、その隙間に向かって歯が倒れてしまうことがあります。歯を失った部分にブリッジやインプラント治療を行うために、矯正治療で倒れた歯を起こしていきます。

  • 部分的な咬み合わせを改善する治療

    部分的な咬み合わせを改善する治療

    正常な場合、上の歯は下の歯を覆うような咬み合わせになります。しかし、部分的に上の歯が内側に入っている場合など、前後的な問題がある場合に、部分的に矯正装置を装着して改善していきます。

部分矯正(MTM)治療の流れ

基本的には、全体的な矯正治療と同じような治療の流れとなります。

  • 1カウンセリング
  • 2矯正前検査
  • 3診断
  • 4部分矯正開始
  • 5部分矯正終了
    ・保定